相談のタイミング

弁護士に相談をする場合には、タイミングも重要になります。物損事故の場合には相談をしないという人もいるでしょうが、人身事故の場合には保険会社を利用することになるので、やはり弁護士に相談するべきでしょう。重要なのはどのタイミングで相談をするべきなのかという点ですが、多くの人は保険会社との交渉が決裂した段階で相談すると考えていることが多いと思います。

もちろん保険会社とうまく交渉ができないときに相談するのもよいのですが、できれば最初から弁護士に相談を行い、保険会社との交渉を最初から弁護士に任させてしまうというのがよいでしょう。そのためには人身事故が発生して、警察による現場検証が行われたらすぐに相談するというのがよい方法になります。保険会社というのは、交渉を待ってくれるわけではありません。

そのため、早いタイミングで相談だけでも行っておくのがよいでしょう。そうすれば保険会社から交渉を行うと言われた場合であっても、慌てて弁護士を探す必要はなくなるでしょう。依頼した弁護士は被害者の味方ですが、交渉する保険会社は加害者の味方なので、きちんとした交渉を行うためには、こちらも交渉のプロに頼むというのが一般的な方法になるのです。

推奨サイト・・・交通事故被害相談<弁護士法人アディーレ法律事務所>

 

過剰な請求はしない

交通事故が発生して相手がケガをした場合や死亡した場合には、当然加害者が被害者に対して慰謝料を支払う義務が発生します。この際には弁護士に相談をすることもあるでしょう。しかし、被害者だからと言って加害者に対して不当な金額の請求をするケースや、全く関係のない家族や親戚にまで支払いを請求するような人も存在しているのです。このような場合には、加害者だからと言って黙っている必要はありません。

交通事故の場合には、被害者が弁護士に相談するのが一般的です。しかし、中には加害者が弁護士に相談をするケースもあるのですが、その理由の多くが被害者による過剰な賠償金の請求や嫌がらせ、家族や親戚に対しても嫌がらせや請求を行うためだと言えるでしょう。被害者だからと言って何をしても許されるわけではありませんし、関係のない家族や親戚に対して嫌がらせをする場合には、犯罪になる場合もあります

だからこそ加害者も弁護士に相談する必要があるという点も覚えておきましょう。ただし、加害者は被害者に対してきちんと謝罪をして罪を償い、賠償金を支払う義務もあるのです。よって支払いを逃れようとする行為や、誠意を持って対応しないことによって、より被害者を怒らせないことも重要になります。

Pocket